特にタイトルは内容とは関係ありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜勤明けで、ロッカーの外にかけてあったデニムがなくなっていた。
雨に濡れたから干してあったのだが・・・。
やっぱり邪魔だったのかな・・とか、誰かが間違えて持って帰ったのかなとか、色々考えたのだが、一応事務に駆け込んでこのことを伝えた。
そしたら、事務室内が「そんな事言われても・・・」という空気が流れ始め、気まずくなって部屋をでた。

今度は病棟にあがってこの事を訴えたら、仲の良いNさんが一緒になって探してくれた。
丁度、他の病棟の人がいたので聴いたら「私の時はあった」、「なかった」、「みんな、『またこんなところにかけて(邪魔)』と言ってた」との情報が・・・。

そしたらNさんが「きっと嫌がらせで盗られたんだよ!」と。
それはねえだろ?とか思いつつ、実は物凄く嫌われてんじゃねえかとか、自分の顔を棚に上げて人の事ばかり『ブタ』だの『実写シンプソンズ』だの言ってたからかな等、色々思い当たることがあったので、ブルーになった。

心優しい他病棟のHさんが紺のジャージを貸してくれた。
トップスがアジアなチュニックで、しかも真っ赤だったし、恥ずかしかったので、タクシーで帰ることにした。

しかし、運転手さんも非常によそよそしく、その組み合わせの不自然っぷりから、もしかしたら患者だと思ってんじゃねえかと考えたら、早く家が待ち遠しかった。

家に帰ってしばらくしたら一件のメールが。
Nさんからだった。しかも、デニムが見つかった、との事。
隣のロッカーのSさんが、間違って自分のロッカーに入れたんだそうだ。

一時間後にSさんから電話があった。物凄い勢いで、低姿勢に謝ってくれるので、逆に申し訳なかった。

興奮して眠れなかったので、とりあえず風呂に入り、久しぶりにゲルマスーツを着て湯船に入った。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://ganbaremorishige.blog58.fc2.com/tb.php/39-8debadd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 息子が先に逝ってしまった・・・ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。