特にタイトルは内容とは関係ありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日、休憩前に患者様から「このご飯、鼻くそが入ってます。」
と言われた。
以下は患者様と私のやり取り。

私:「そうですか?(蓋をあけて確認)入ってないようだけど。
   何かそういう声が聴こえたんでしょうか?」
患者:「そんなの聴こえない。わからないけど、そう思ったの。」
私:「どうしてそう思ったんですか?」
患者:「うーん・・・。」
私:「直感ですか?」
患者「そう!直感」
私:「でも、そんなことする人はいないと思うよ。」
患者:「いるのよ。」
私:「どこにいると思います?」
患者:「どこにってそんなのわかんないよ!」
私:「見た感じ、入ってないですよ。」
患者「あんた、言う事が子供すぎるよ!見ただけじゃわかんないでしょ  う。これをとにかく検査センターで検査してもらってよ!」
私:「わかりました。検査するから預かりましょう。」
患者:「今、電話してよ。」

そうこうして、押し問答してると他のベテランスタッフがやってきて
対応してくれた。

しかもはるかに短い時間で。

その人の関わり方はこうだった。

ベテラン:「どうされました?」
患者:「鼻くそが入ってるの!」
ベテラン:「そうですか?見てみますね。(蓋を開ける)見ただけじゃ
     わからないけど。誰かが入れるのを見たんですか?」
患者:「見てないけど誰だかわかってるの。」
ベテラン:「そうですか・・・。誰なんでしょうね。」
患者:「○○さん。」
ベテラン:「その人が入れるとは思わないけど、確認してみますね。」
患者:「お願いします。」

といって預かるのに成功。

徹底的に違うのが否定するかしないか。

難しいっす。ほんとに。





スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 息子が先に逝ってしまった・・・ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。